Event is FINISHED

KIBOW Counter-COVID Online Pitch ~災い転じてイノベーション~ (キボテン) vol.4

Description

※申し込み期限2020/5/23 12:50まで※
コロナショックを乗り越える希望のイノベーションを、ここから


絶望のど真ん中に新しい希望が生まれる。それを私たちは、震災被災地で学びました。そして今回も、日本中が沈み身を縮めている中で、新しい社会を創るために活動を始めている人たちがいます。

このような人たちの活動をご紹介する場が KIBOW Counter COVID Online Pitch ~災い転じてイノベーション~(「キボテン」)です。このピッチから人がつながり、お金がつながり、希望が連鎖的に広がることを目指します。

「災い転じて福となす」

昔から伝わるこの言葉が私たちの指針です。社会がよりインクルーシブに、より優しく、そしてより明るく進化するためのきっかけとして、今回のコロナ・ウイルス禍を活かしたいと考えています。


❑❑❑❑イベント詳細❑❑❑❑

KIBOW Counter-COVID Online Pitch~災い転じてイノベーション~

❏日時概要
日時:2020年5月23日(土) 13:00-14:00 ※セッション後、希望者は登壇者を囲んでの追加セッションあり
・場所:ZOOM開催(URLは申込後、別途お送りします)
定員:200名
・想定参加者:
 ①コロナショックによって深刻化・顕在化した社会課題に対するソーシャルアクションに取り組もうとする方々
 ②①のような方々を支援しようとする資金提供団体の方々
 ③
その他、コロナショックに対応するためのソーシャルアクションに関心のある方
・参加費:
無料

❏プログラム予定
◆イントロダクション(13:00-13:10)
 ・本イベントの主旨
 ・留意事項(録画について)
◆ピッチセッション(13:10-13:55)
 ・コロナ・ショックを乗り越える取り組みを行う実践者4団体からのプレゼンテーション(各5分)
 ・プレゼンテーションを踏まえた質疑応答(各10分)(※RadarLab・新公益連盟は合わせて10分)
◆ラップアップとその後のスケジュール(13:55-14:00)
 ・今後の予定/スケジュールのお知らせ、事後アンケート記入のお願い https://forms.gle/jfHAiijx7p6f7vg99
 ・終了後、登壇者を自由に囲んで「囲みセッション」(参加自由)

❏ピッチ登壇者紹介

1)株式会社cotree 櫻本真理さん

cotreeはオンラインでのカウンセリングを日本に広めてきたパイオニアです。新型コロナウイルスが広まり、在宅勤務者や医療従事者(とそのご家族)は強いストレスを抱えています。そんな中でcotree社は、「新型コロナ メンタルサポートプログラム」をスタートしました。医療従事者とその家族への、カウンセリングの無償提供です。
bit.ly/cotree-mentalsupportprogram
どうやってこの「無償」を実現しようとしているのか、お話を伺います。

2) 一般社団法人kuriya 海老原周子さん

kuriyaは日本で育っている外国ルーツの16~26歳の若者の支援を行ってきました。定時制高校の放課後部活動や、kuriyaへのインターンを通じて働きながら学ぶ場を作ってきました。
https://cococolor.jp/kuriya_interview
新型コロナウイルスが広がっている今、日本国内の状況について、外国ルーツの若者やそのご家庭には情報が届きにくい状況です。そこで海老原さんは緊急プロジェクト「Share」を立ち上げ、必要な情報を届ける仕組みを構築しています。

3)寄付者向けのプラットフォーム

多くの人たちが苦しい状況に立たされています。その人たちを支援する様々な団体があります。団体経由で苦しむ人たちを支援するために、私たちはどうしたらよいのでしょう。迷います。

そんなときのために、複数の団体を紹介してくれる寄付プラットフォームが立ち上がってきています。

今回はまず、ひとり親家庭などの女性・子供を支援する「ひとりじゃないよプロジェクト」を立ち上げた、発足メンバーの一人、RadarLab株式会社(旧名称QCCCA)の 片山玲文さんにお話を伺います。
https://www.hitorijanai.org/
同社は「痴漢レーダー」を開発するなど、困難な状況に置かれた人を見逃さずデータで支援してきました。今回は「ひとりじゃないよ」を後押しする寄付決済プラットフォームを立ち上げています。「寄付を通じて共助を一般化するプラットフォーム開発」が同社の目指す方向性です。

そして次に、新公益連盟 代表理事の白井智子さん(NPO法人トイボックス)と事務局長の藤沢烈さん(一般社団法人RCF)のお話を伺います。新公益連盟では今回、支援があつまりにくい団体を対象にした「新公益連盟新型コロナ緊急対策基金」を立ち上げ、クラウドファンディングを開始しました。
https://readyfor.jp/projects/covid-fund
私たちの寄付額に応じて、村上財団さんがマッチング寄付をする仕組みです。


❏ゲスト・コメンテイター紹介

このピッチ・イベントは、登壇者を評価したり順位をつけることを目的としていません。しかし多くのイノベーションを見てきたご知見ある方をお招きし、ぜひ温かいコメントとご質問をいただければと思っています。

(当日ご欠席になる方もいらっしゃいます)
・社会変革推進財団 専務理事 青柳光昌 様
・日本民間公益活動連携機構(JANPIA) プログラムオフィサー 加藤 剛 様
・ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション(SEA)代表理事 荻原国啓様
・ARUN合同会社代表 NPO法人ARUN Seed 代表理事 功能聡子様
・SVP東京 代表理事 藤村隆様
・READYFOR株式会社 代表取締役 米良はるか様
・トヨタ財団 プログラムオフィサー 利根英夫様

❏留意事項 ※セッション参加に際して必ずお読みください
①セッションの録画について
本セッションの様子は記録用に録画を行うことがあります。この録画内容は一般財団法人KIBOWのWebサイト等の広報手段,SNS,講演資料,書籍等に用いられる場合があります。予めご了承ください。

❏個人情報の取り扱いについて
本イベントを通じて取得した個人情報は厳重に取り扱います。

❑主催一般財団法人KIBOW
❑申込方法:スマートフォン等でのページをご覧の方は、画面下部の「チケットを申し込む」からお手続き下さい。
❑お問合せ一般財団法人KIBOW インパクト・インベストメント・チーム

❑(財)KIBOW インパクト・インベストメント・チームについて
「社会課題を解決し希望を生みだす起業家とともに、事業を創造し社会を変革する」をミッションに、以下の3つの流れを創ることで、社会の「創造と変革」を加速します
・インパクト投資を通じて資金の新しい流れを創る(カネ)
・投資先に多くの人材が集まり成長する流れを創る(ヒト)
・社会を変えるベストプラクティスを集積し展開する流れを創る(チエ)
■設立■ 2011年3月法人設立(2015年に第1号ファンド設立)
■Webサイト■ http://kibowproject.jp/investment/impact.html
■Facebook■ https://www.facebook.com/kibow.impact/
■twitter■ https://twitter.com/kibowjp

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#594248 2020-05-23 02:55:27
More updates
Sat May 23, 2020
1:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
KIBOW 社会インパクト投資
417 Followers

[PR] Recommended information